第二次世界大戦でドイツ空軍に支給された歴史ある腕時計Lacoその名もラコ 福井県では当店が正規販売店です

imgrc0066533872

第二次世界大戦でドイツ空軍に支給された歴史ある腕時計Lacoその名もラコ 
福井県では当店が正規販売店です

本日数本オーダーかけました

月末までには10本ほどラインナップが揃います
本格的に販売開始いたします

ラコの由来下記抜粋

ラコの創業は、1920年代半ばのドイツ。
1925年フリーダ・ラッハー(FRIEDA LACHER)とルードヴィッヒ・フンメル(LUDWIG HUMMEL)によって創業されました。
1936年フリーダの息子であるエーリッヒによってエーリッヒ・ラッハー(ERICH LACHER)社として設立。
ラコの名の由来は、「LACHER & CO」の頭文字をとって、「LACO」としたものです。

ラコ製品の代名詞ともいえるパイロットウォッチは特化した使用目的のために製作されていたため
デザインも独特の様相を呈しています。
文字盤の上下をすばやく認識できるように印字された12時位置の三角形のマーク。
パイロットが分厚い手袋をはずさなくても操作できるように工夫された大きなオニオン型のリュウズ。
夜間飛行時にも耐えうる針やインデックスのルミノス加工。
いくつかのナビゲーションウォッチモデルには、航法計測機器に分類される「FL23883」という
当時の機密記号がケースに刻印されています。
また、服の上からでも時計を着脱できるオーバージャケットストラップに頑丈なリベットつきのレザーベルト。
こういった外装品にも独特なデザインの仕様がみられます。

品質はラコのプライオリティーです。高い品質水準を保つことは、挑戦であり、その使命は未来へと続きます。
ラコは、次の要素がもたらす相互作用を知り抜いています。

・厳しく品質をコントロールすること
・材質の特性を活かすこと
・最新の生産設備を使うこと
・良く熟練したクラフトマンと優秀なスタッフ

高水準の品質に到達するためにはこれらの要素をどう結びつけるかその方法もラコは知っています。

私たちの時計に使われている全ての部品は、厳しい検品を受けています。
これに加えて、各部品供給の段階でも、厳しい選別をしています。
製造過程での厳しいクオリティコントロール、ひとつひとつの時計の最終検品が、ラコのクオリティの高さを支えているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です