手巻きの柱時計を電池式に改造する工程

結論から申し上げますと
手巻きの柱時計がこのように 
電池式のクオーツ時計に
大改造ビフォーアフターいたしました

手巻きの機会を外します

空の状態ですね

単三電池式のムーブメントと
文字盤の間に 程よいスペーサを噛まします

この手のムーブメントは 最近はネットでも買えます

ここが重要なのですが
せっかくの振り子ですので 時計の底にねじ込んで固定します
これで完成です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です