時計修理福井 錘垂式置き時計ホールクロックをクオーツ式に改造して納品

錘垂式とは じゅうすい式といいまして

重い錘の重さを利用して時計を動かす置き時計ならではの時計ですが

かなり昔の物で修理不能になりました
それを改造して 電池交換(短ニ電池)で動く時計に改造して
本日小学校の図書室に納品いたしました

振り子と 錘は木材を使い飾りとしてこのような姿に変身です

でも 何年も使わなかった時計が今日 大改造ビフォーアフターを迎えました

まずは時計本体をクオーツに変更

建物で言うと梁を設置して重い錘を支えます

くさりは元々の純正をカットして梁に固定して更に巻く落ちないように

完成です 加工費設置代金すべてで31.500円です

電池式にする事により 時計は狂わない
錘は弾かなくてよいというメリットもありますが
デメリットは 鐘の音は鳴らなくなります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です