意外に 金の割合が低いほうが 壊れにくいのです イタリアウノアエレの9金のジュエリー

K18と言うのは24分の18  75%が純金で 残り25%が 

イエローの場合は 銅など ホワイトの場合は パラジュウムなどで

構成されています

皆さん 9金というと 18金の半分で 安物ってイメージがあるかもしれません

正確には9金は37.5%が純金 残り62.5%は他の金属になります

確かにこすとを抑えるという意味で 純金の含有量をへらす目的もありますが

純金はとても やわらかいので 純金の割合が 低ければ 低いほど

頑丈なジュエリーになります そして最大の魅力は 大きさですね

これだけのスペックをK18で作ると 重さも重くなり 価格も倍になります

こういう かわいい イタリアのネックレス入荷しました イタリア製品なので 

流通は少なめです

詳しくはこちらを ご覧ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です