腕時計の全部を部品として取り寄せると製品は可能ですか

今日3万円の腕時計の修理に3万円かかると言われましたが

本当ですかとお客様が来られました

10年前の時計なのですが

とあるお店で言われたそうで実際開けてみると

バッテリーの電圧が完全に落ちていただけで

電池交換で治りました

これはですね悪口ではありません

現実にたまにあることなのですが

ホームセンターとかショッピングセンターなどの時計コーナーでは

店員さんもまだ経験が浅く 蓋が開かれれなかったり

ベルトの調整ができなかったりして

メーカーに出すという方向へ持っていくお店もあります

3万円は大げさでも メーカーに出すと

予測修理という 今後ここが壊れるであろうと思われる箇所を

全部交換したりします

なので故障箇所のみ修理希望の方はその旨店頭で強く言ってください

さて ではなんで3万円の商品の修理代金が3万円になるのかの理由ですが

答えは パーツ代金にあります

どの業界でもそうですが パーツとして 取り寄せると パーツ自体が割高なのです

時計の場合 バンド ケース ガラス  ムーブメント すべて

パーツとして引いて新品を組み立てたとしましょう

その場合時計本体より高くなる事もあります

結論からもうしあげますと  

メーカー側は パーツで製品を造られてしまうことを

避けるための得策です

メーカー側の気持ちも分からないわけではありませんが

問題はそういうことを 

きっちりと店頭でお客様に説明出来るかできないかですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です