時計店の店主は腕時計雑誌を絶対読まないと駄目なんですよ

o0500065812133887884.jpg

時計店が腕時計雑誌を読むこれ当たり前ですが

案外それをしない仕入先の担当とかいます

そに時点での担当の方は当 情報にうとくなります

時計業界の人間が雑誌を読むことは

ネットで得る情報よりもすごくいい情報が掲載されています


ネットで得た知恵って案外忘れやすいんですよ
皆さん感じた事無いですか

自分の仕事の調べごとってもちろんネットも便利ですが
本で読んだこ事とか 仕入先の担当に教えてもらったことは
頭に残ります 理由は 同じ業界人からの生の伝達だからです
あれ? でも仕入先の担当が本を読まないということは
僕達販売店に伝える情報も少なくなりますね
会社の経費で出ないとか言わず
1000円の投資と思って 一ヶ月に 一度は時計本を読むべきです
もちろんこれは 当店のスタッフにも言えます
お客さんがですね 店員さんで時計好きでないと思うような人の
接客で 満足して買うでしょうか
僕は買わないと思う
なので店のスタッフも店の雑誌は持って帰ってでも読むべきです

当店に言い聞かせています

時計店はあくまでも 時計の知識があって当然ですね
基本的には時計雑誌です

要するにですね 自店だけの商品だけ詳しければいいわけでないの
他店様の商品も勉強が必要です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です