自動巻き時計と手巻き時計の違いと故障について

1 機械式時計とはどのようなものを一般的に言いますか?

ゼンマイと呼ばれるバネの反動作用がエネルギー源となって針を動かす時計のことで、
一般的には手巻き式と自動巻き式があります

2 手巻き式時計、自動巻き式時計とはどういう時計なのでしょうか

手巻き式時計とは、
人間の手で手動にてリューズを巻くことによってゼンマイを巻き上げる時計のことです
手巻時計には ローターはありません

自動巻き式時計とは機械内部のローターという振り子の役割の代わりになる部品が回転します
ゼンマイを自動的に巻き上げる時計のことですね
ローターが回ることにより
ゼンマイを巻くので なので自動巻きという言い方をします

3 では故障が多いのはどちらでしょうか

一概に言えませんが
手巻きの場合 ローターが回らない分故障が少ないのです
自動巻きの場合 ローターが回ることで
他のパーツにも 自然と 不可をかけてしまうので
故障が多いのと そして 市場では圧倒的に 自動巻きの方が出回っているので
故障が多くなるという見方もあります

又手巻時計は 一般的に 防水性が弱いモデルが多いため
使う方が 大事に使う 毎日はめないという見方で
故障が少ないという意味もあります

なので 完璧に どっちが故障が多いかは一概には言い切れません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です