鯖江の佐野蕎麦さんへ月に一回ぐらいのペースで行く理由パート2 

$福井県越前市武生の村田時計店ジュエリータイムムラタ村田秀幸の日記 佐野蕎麦さんに月に一度行く理由 僕の勝手な意見ですが 蕎麦の話は誰でも書くと思いますので 蕎麦以外の話を書きます $福井県越前市武生の村田時計店ジュエリータイムムラタ村田秀幸の日記 ただいま 僕は家で酒飲んで酔っています それなんです佐野さん行くと酒のまんでも酔う道具があります ギターです なんで ギターを見ると酔うかというと 蕎麦もギターもこれまた 嗜好品なんです なくても こまらないけど 人間のぜいたく品なんです 店主が蕎麦を ゆでて調理してる時間 こそっと クラシックギターをさわります 大きな音で鳴らすと 悪いかなという スリルで弾きます 店主が 蕎麦を弾くなら 僕もギターを弾いて蕎麦を待ちます この待ち時間が実に心地よい駆け引きになるわけです クラシックギターは 静かです よって 人に迷惑をかけません そこなんです そここそが 一人でいる時間の贅沢を味わえます そしてですね 蕎麦が出てきます そこには 一人遊びに ピリオドを打つかのごとく 贅沢な蕎麦が出てきます そこがですね 魅力です 待ち時間でも 何かしら 自分の練習もなります 待ち時間でも 何かしら雑誌など見て 勉強できます 待ち時間を いかに退屈せず すごせます 何でもそうですが 人の嗜好品には好みがありますが そういう嗜好が僕にはあいます 僕は何かと気せわしい性分なんで 待ち時間を大切に使いたい  といいますか 家にいても ギターなど弾かない 佐野さん行くと 思い出すんです ギターを 要するに 思い出しの場所であり 腕時計もそうですが なくてこまらないけど 一度は体験したい分野だと言うことは 間違いないと思います $福井県越前市武生の村田時計店ジュエリータイムムラタ村田秀幸の日記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です