ジュエリーの真価って昔は目方(重さ)だった時代の名残は今も存在いたします

$ジュエリー&ウオッチ福井県越前市武生ジュエリータイムムラタ村田秀幸のブログ おもてなしって言葉の裏には 表がなくて裏だらけっていう飲食業界の用語を昔聞いたことがあります なるほどって思ってしまったわけですが ジュエリーの場合実は表の画像よりも裏の画像が大切なのです 現物見ないで 検討していただくお客様にとって 裏こそが一番知りたいところなんです 国産メーカーのジュエリーは裏がしっかりしています 裏を発表して恥ずかしいと思うものはそうはないのです 逆に言うと裏をしっかり地金で肉付けするあまり 売価に反映してしまう方が多い   日本人はジュエリーを目方で評価する事が昔から多かったので 日本製は裏にも目方にも 真面目です 若い方は そこの裏まで見ないかもしれません でも昔からジュエリーをこよなく愛して嗜んで知る方は 本当は そこが知りたいのではないのかな? これはブログに書くと へ~~って思うかもしれませんが 業種問わず 裏面が気になるのは同じだと思いますので 今後そこの部分も 画像で 表記していくよう頑張ります  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です