小ぶりなジュエリーって実は画像で表現するのは大変むずかしい理由

$腕時計販売と修理なら福井県越前市武生ジュエリータイムムラタ村田秀幸まで 指輪のイメージ画像に関して 一生勉強です 何故に 「一生勉強」と感じるのか 実はこれには深いわけがあります 昔はですね幅が広くて場面が大きな指輪が人気がありました その理由には プラチナや金が 今ほど高騰してなかったので メーカーさん作りやすかったと思います なので販売店もおすすめできました(価格もそれなりに妥協できる価格であった) お客様も どうせ買うなら大幅が大きなほうが ボリュームがあって良いという 風潮がありました ところが 今現在 1若い子の指のサイズが  体格が大きくなったわりには 小さくなっています 2そして金地金などの高騰で   なかなか幅人が作れなくなっいているという業界の  都合もあります そこは誰しもがわかっている理由なのですが では何故に 写真が難しいのか? そうなんです  もうおわかりかもしれませんが 今は細めとか小ぶりしか作れない理由が存在します もちろん素材を 落とせば別ですが プラチナやK18では大振りなデザインは価格的に難しい時代です そんな事情もあり 細め小ぶりが多いんです 細めのリングとか細めのプチネックレスは 【等身大】がどれぐらいの大きさなのか とても 表現が難しいわけです 等身大という言葉がもつそのままなのです 大きなものは想像がつく でも小さなものには g不安感があるいのす もし買ったはいいけど 想像するより小さかったら どうしょうという不安があるわけです なので そういう不安を解消するためにも 日々 細め 小さめでも写真の勉強なのです マクロ画像で 綺麗さだけ表現しても イメージが伝わらない なぜ 小ぶりなリングが可愛いのかを今後頑張ります  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です